トレンドアフィリエイト記事の書き方の方程式

「トレンドアフィリエイトって何?」
「どうやって記事を書けばいいの?」

こういった疑問に答える記事となっています。

✅本記事の内容
・トレンドアフィリエイトとは
・トレンドアフィリエイト記事書き方の注意点
・トレンドアフィリエイト記事の書き方

イルカ

この記事を書いている私は、もと海の技術者です。
いまは自然豊かな田舎で暮らしながらブログを書いています。

トレンドアフィリエイトは難しいですよね?

私もブログの成果があがらずトレンドアフィリエイトに手を出した時になやみました。

実際はトレンドキーワードを的確に見つける困難さはあるものの記事作成の方法は通常のブログと同じです。

今回は私と同じくトレントアフィリエイト記事の書き方にお悩みの方に向けて流行ネタを探す方法もご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってください。

トレンドアフィリエイトとは【書き方説明の前に】

まずトレンドアフィリエイトについて簡単に説明します。

社会の傾向をとらえて記事を書いてアクセスと収益を得るのがトレンドアフィリエイトです。

いわゆる「流行り情報」をあつかうため、短期的に結果が出やすいメリットがあります。
一方で、他サイトとの差別化や日々スピードに追われながら最新記事を発表しないといけないデメリットもあります。

アクセスと成果が出やすくGoogle検索エンジンのアップデートの影響も受けにくいのがトレンドアフィリエイトです。

トレンドアフィリエイトの始め方

今すぐにでもトレンドアフィリエイトを始めたいけど、サイトをまだ開設していない人は、次の記事を参考にWordPressでアフィリエイトを始める準備を整えておきましょう。

次にトレンドアフィリエイト全体の骨子をお伝えします。

トレンドアフィリエイト書き方のポイント

何にをベースにしてトレンドアフィリエイト記事を書いていけばいいかというと、大きく次の3ポイントです。

トレンドアフィリエイト書き方のポイント
  1. ライバルが弱いところで勝負する
  2. 検索意図を網羅する
  3. 未来予測する

順に解説していきます。

1 : ライバルが弱いところで勝負する

初心者はキーワード選定においてロングテールキーワード選定していきましょう。

※ロングテールキーワードとは『トレンドアフィリエイト 書き方』のような「複数の単語」からなるキーワードを指します。

なぜなら「トレンドアフィリエイト」のような1つの単語からなるビッグキーワードは、企業やドメインパワーの強いサイトが上位表示されることが多く、上位表示を狙うのが難しいからですね。

実際、初心者は需要が小さくてもライバルの少ないブルーオーシャンを狙っていく方が、結果が出る期間の時短にもつながります。

競合の少ないところを狙うのが1つ目のポイントです。

2 : 検索意図を網羅する

2つ目として、競合が弱いキーワードで1つ記事を書いたら、その関連キーワードも書いていきましょう。

というのも、検索エンジンから『トレンドアフィリエイト』の情報を網羅したサイトであると評価を受けることにつながるからです。

例として『トレンドアフィリエイト』を検索窓に入力すると、「トレンドアフィリエイト とは」「トレンドアフィリエイト 始め方」など、関連する複合語がいくつか表示されます。

これから1つ1つについて記事を書いていくことで、検索エンジンに評価してもらいやすくなります。

3 : 未来予測する

トレンドアフィリエイトの名のとおり、需要があり未来を先取りした記事を書いていきましょう。

トレンド記事がトレンドたる理由ですね。

具体的には、毎年繰り返される「クリスマス」「お正月」や著名人にイベントがあった時には、その前後に似たようなキーワードの記事が読まれるため、先取りして記事を執筆していきます。

そこが難しいわけですが、後ほどこの方法を解説していきますね。

トレンドアフィリエイト書き方の注意点

トレンドアフィリエイトの記事書き方のポイント3つをご紹介してきましたが、その根底に横たわるのは「いかに読者さんに役立てる価値提供をできるか」という点です。

これは、ユーザーが検索して役立つサイトであることこそが、広告料を得ているGoogleにとって「ユーザー数増加」という強みとなるからで、忘れてはいけない点です。

例としてGoogle検索画面に広告がないのもユーザーの利便性を考えればとのことで、徹底されています。

読者さんに役立つ内容であるほどグーグルからも評価されるという誠実なシステムですね。

読者さんに価値提供するためには、次に解説する読者さんの検索意図に答えた記事作成をしていきましょう。

トレンドアフィリエイトの書き方は検索意図を満たすことが大切

ユーザーの検索意図(ニーズ)に沿った記事作成の方法は、検索意図に沿った記事の書き方という記事でくわしく解説しています。
以下でも簡単にご紹介するのでご安心ください。

流行ネタを「インパクトのあるタイトル」だけで惹きつけると、読み手はすぐに離れてしまいます。

そのため検索語句から予想できる、読み手が知りたい内容をしっかり解説していく必要があります。

トレンドアフィリエイトも検索意図を満たした記事作成を目指しましょう。

イルカ

Googleもブログ記事の直帰率や滞在時間などをチェックし、本当にユーザーにとって役に立つ記事かを確認しています。これらの指標は、グーグルアナリティックスで確認可能です。

トレンドアフィリエイト書き方の手順

トレントアフィリエイトでは、文字通り流行ネタについて記事を書くために「最新情報」かつ「需要がある」ことが大事になってきます。

そこでネタを探すのが「速報ネタ」と「未来予測ネタ」です。

「速報ネタ」には著名人の恋愛や政治家の発言、スポーツ大会の結果、番組で紹介されたお店、自然災害など。

一方の「未来予測ネタ」とは数日後~数週間後に話題になると予想されること。オリンピックなどの大会や、季節イベント(クリスマス、ハロウィン、ゴールデンウィーク)、公開予定の映画、音楽ライブ・フェスのことです。

1 : サイトを活用してネタを探す

「速報系のネタ」「未来予測のネタ」を探す場所には次のようなサイトが利用できます。

速報系のネタ元サイト
  • Yahoo!ニュース:
    経済、スポーツ、エンタメ等
  • Yahoo!リアルタイム検索:
    SNS投稿の検索、話題のキーワード等
  • Twitter:
    リアルタイムのニーズ
  • LINEニュース:
    情報更新の早いニュース
  • 週刊文春WEB:
    スクープネタ等
未来予測のネタ元サイト
  • ナタリー
  • Twitter
  • 日経エンタテイメント
  • TVガイド
  • スポーツや音楽、ファッション雑誌

早朝の4~6時の時間帯はニュースが更新される上に、まだ寝ているライバルも多いため、トレンドアフィリエイト記事作成に向いています。

2 : 需要があるネタかを確認する

上記のサイトで見つけたネタに需要があるかは、Google検索エンジンにそのキーワードを入力して調べることができます。

Googleのサジェスト機能は「過去に人が検索したワード」が表示されるからですね。

そこから需要があるか確かめる簡単な方法には、表示されたサジェスト数から確認できます。

この複合ワード数が10個近くあれば需要があるネタといえます。

3 : 競合サイトをチェックする

需要のあるネタは当然ライバルも狙っています。そこでまずは洗い出したキーワードで検索してみましょう。

そうすることで検索上位に強い競合がいるかを確認できます。10個のキーワードを順に検索して競合ブログからズラしていき、穴場をさがします。

最初にあげたポイント「競合の弱いところで勝負する」ですね。

ここに時間を掛けてライバルブログ不在のキーワードを選ぶことがキーワード選定の重要な鍵になります。

4 : キーワードが決まったら記事を書く

トレンドアフィリエイトも記事の書き方そのものは、通常のブログと同じです。

詳しくは下記の記事を参照してみてくださいね。

まとめ:トレンドアフィリエイト記事の書き方

今回はトレンドアフィリエイト記事の書き方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

内容を再掲します。

トレントアフィリエイト記事の書き方
  1. 「速報記事」「未来予測記事」のそれぞれのネタ元を活用し、見つけた記事ネタからキーワードを選定
  2. Googleサジェスト機能で競合分析しキーワードを「ずらし」、ライバルの弱いところを探す
  3. 記事作成は検索意図を意識して作成する

トレンドアフィリエイトも通常のブログもベースは同じです。記事作成の方法については次を参照してみてくださいね。