ブログ10記事を初心者としてやり直すならアドバイスしたいこと

最初の10記事で注意すべきことは?
次にすべきことは?

こんな疑問に応えます。

✅本記事の内容
・ブログ10記事までの反省点
・10記事到達までのアドバイス
・ブログ10記事書いた時の指標
・20記事へのアドバイス

ブログ運営に漕ぎ出したはいいけど、大海原のまん中ですすむ方向を見失っていませんか?

順風満帆とはいかず、オンラインサロンに参加したり、Youtubeコンテンツ作成に目移りしたり。これは私です。

本記事ではそんな経験もまじえて、今から10記事を書き直すなら「こうしとけばよかった」という内容をご紹介しています。10記事まで書き進めるコンパス(羅針盤)として使ってみてください。

ブログ開設だけでも、なかなか実行できる人は少ない中、すでに一歩踏み出した冒険心ある初心者ブロガー。そんなあなたが、さらに先に進むための記事を目指しました。

もし「これからブログを始めたい!」という方はWordPressブログの始め方←という記事をご参考になさってくださいね。

ブログ10記事を初心者としてやり直すなら改善したいポイント1つ

ブログ10記事までは記事の執筆あるのみです。

「アクセス数」や「デザイン」「SNS」は気にせずに記事を書いていく。これがたった1つのポイントかと。

なぜなら、ブログサイトは記事あってこそだからですね(←当ブログの反省です)。

記事のないブログサイトは、ネタのないお寿司屋さんのようなものです。

新鮮なネタのない寿司屋で食べたいとは思わないですよね?ブログも新鮮なコンテンツがそろってないと、お客さんが集まらないです。

出帆したばかりの初心者ブロガーは、新人の職人さんのような感じです。まずは「お客さんの数」「お寿司の見映え」「SNSでの評判」は気にせず、握りまくる日々。つまり記事をライティングしまくる時期なんです。

イルカ

読者さんに美味しいと思ってもらえるような、役立つ記事を書き続けると、自然とアクセス数・デザイン・SNSが伸びていきます。新人さんのお寿司も、握るほどに見た目が洗練されて、SNSや、訪問客がアップする感じです。

当ブログでは、記事を書くこともせず、不安を紛らわすように毎日アクセス数をチェックしたりデザインを変えたりしてました。ネタのないお寿司屋なのに、看板デザインだけ変更してる感じ。読者数が増えるはずもないですよね!?(反省)

最初の10記事までは地道にコツコツ記事を書いていくのがいちばんです。

記事ライティングに専念するコツ3つ

記事ライティングだけに専念するコツは、次の3つです。

  1. ブログ10記事書くまでアクセス数を見ない
  2. ブログデザインはそのままに
  3. SNSは時間を決めて見る

ただひたすらに、美味しいお寿司(記事)を創るのに集中するための方法です。

ブログ10記事書くまでアクセス数を見ない

アクセス数は、10記事書くまで見なくてOK。ブログ30記事到達してから確認しても遅くないくらいです。

なぜなら最初の数か月はアクセス数が少ないのが普通だからですね。お寿司屋さんだって握り始めてすぐに、そのお寿司を目当てに来店するお客さんがいない感じです。

PV数を気にせず記事を書いていった方が、PV数も早くアップする可能性は高くなります。ベテランブロガーならSEOを意識した少ない記事で上位表示できる可能性も。でも初心者なら記事数をふやすと近道です。

すくなくとも3カ月は、ひたすらに記事を書く。するとライティングに自然と慣れる、ブログ構成のデザインが整う、記事数が増えてGoogleからの評価もアップ。こんな良いループにはいれます。

Googleアナリティクスに関してだけは、いまから導入をしておくと、将来的に振り返ってデータ分析できるのでおすすめです。下記の記事をご参考に導入してみてくださいね。

ブログデザインはそのままに

ブログ開設時にデザインテーマを導入したら、20記事までは「行間」「フォント」「色」等はそのままにしておきましょう。

なぜなら、デザインテーマ導入済であれば後ほどカスタマイズ容易ですし、記事のないブログサイトのデザインだけ凝っていても本末転倒だからです。

記事を書き進めていってアクセス数が増えてから、あなた好みにデザインしてみましょう。

イルカ

本ブログでは何度かデザインを変えてますが、サイトデザインの方向性が決まってからカスタマイズした方が時間を有効に使えると思います。

参考までに当ブログではSEOテンプレート【賢威】を導入しています。

SNSは時間を決めて見る

SNSでは尊敬すべきブロガーさんが多くの発言をされていますが、見すぎないようにしましょう。

というのも、凄い人たちは記事を書き続けたから現在があるのであって、SNSを見る時間を記事作成に使った方がいいからです。

SNSでモチベーションを高めつつ執筆し続けましょう。

もしブログ運営の針路を知りたい方は次の記事をご参考になさってみてください。

10記事到達までに心がけておけば良かったこと

ブログ10記事までに心がけておけば良かったことに、次の2つがあります。

  • 完璧を目指さない
  • ロングテールキーワード

ブログ10記事までは完璧を目指さない

10記事到達までは、記事を書き続けることを優先しましょう。

理由は、100%をめざして文字数など気にして書いても、数か月後のあなたから見れば70%の記事になっているからです。

それくらい書き続けているとブログの能力がUPしていくので、最初は完璧主義にならず楽しみながら進めるのがオススメです。

10記事ロングテールキーワードで書く

複数の単語からなるロングテールキーワードで、記事を書きましょう。

なぜなら、読者さんだけでなく検索エンジンからも評価されやすい記事を書きやすいからです。

例えば、「海」という1語のキーワードよりも、「海 生物」「海 天気」「海 カフェ」など2語以上のワードで記事を書いた方が、対象が絞れられた記事となる感じです。

ロングテールキーワードについては、次の記事で詳しく解説していますので併せてご覧になってみてください。

ブログ10記事書いた時の指標

完全初心者の10記事での指標は次のような感じです。

  • 収益:0円
  • PV数:ほぼゼロ
  • 作成期間:~1か月

ブログは長期的に積み上げるストック型ビジネスなので、上が普通です。もし初報酬が発生していたら凄いです。

誰もが一度は通るプロセスですが、最初の数か月は稼げない日々がつづきます。

やがては風なびく帆船のように、検索エンジンからのアクセス流入におされて収益UPしていきます。その日を楽しみに頑張りましょう。

イルカ

SNSをうまく活用すれば収益化を早めることも可能です。

10記事から20記事へのアドバイス

ブログ10記事から20記事に向けて、もし本サイトをやり直せるなら次のことをアドバイスするかと思います。

ブログ10記事から20記事へのポイント
  • ブログ運営を俯瞰してみる
  • 疑問点をメモする
  • Twitter運用

ブログ10記事以降の運営を俯瞰してみる

ブログ運営の大まかな全体像をつかんでおきましょう。

なぜなら、モチベーション維持に役立つからです。

私の10記事から20記事までは、まるで富士登頂のように強い想いが必要でした。

モチベーションの本に出てくる例え話で、レンガを積むことだけ知っているより、地域に貢献する教会建設のレンガ積みだと理解できている方がやる気につながるとあります。

全体が俯瞰できていると動機づけになります。

ブログの流れについての次の記事を併せてご覧になって、20記事への動機づけになさってみてください。

ブログ記事作成の疑問点をメモする

20記事到達までは、記事作成の疑問点をメモしつつ記事作成を優先していきましょう。

実際に疑問を持ったポイントを後に調べた方が理解が深まるからです。

「習うより慣れよ」と同じく、実際に手を動かすことが一番の勉強になります。

イルカ

本ブログでは、疑問点をその都度調べていたので、人によって書いていることが違ったりして時に記事作成の手が止まることがありました。

ブログ10記事目からTwitter運用する

ブログ10記事になったらTwitter運用も始めてみましょう。

理由は検索エンジンのアップデートによりSNS運用もアクセス流入に重要となってきているからです。Twitterもブログ同様に短気で伸びることはないので、コツコツ運用していきましょう。

記事作成の時間を削りすぎないように、Twitterに取り組む時間は調整するのがオススメです。

ブログ10記事到達おめでとうございます

まずは10記事を目指しましょう。そして10記事到達された方は本当におめでとうございます。

ここまで到達するのに、下記の行動力を発揮したはずです。

  • ブログを始める決心
  • サーバー・ドメイン契約
  • WordPressの設定
  • デザインテーマ導入
  • プラグイン設定
  • 1~10記事の執筆

この努力を無駄にせず、さらに前へと進んでみましょう。

初心者ブロガーは、風に翻弄されるヨットのようなものです。まずは目標となる地形を目指してまっすぐ進んだ方が目標に到達しやすいですよ。『記事作成に専念するぞ』と決めて、まずは収益化に必要な記事数を増やしましょう。

記事コンテンツが増えれば、アクセス数や、デザイン、SNSも、自然と良い方向へと進みます。

つぎは、下記のポイントを念頭に20記事を目指しましょう。

ブログ10記事から20記事へのポイント
  • ブログ運営を俯瞰してみる
  • 疑問点をメモする
  • Twitter運用

ブログ運営を俯瞰するには次の記事をご参照になさってみてくださいね。

20記事到達したら次の記事をどうぞ。

今回は以上です。