ブログのフリー画像素材サイトおすすめ【商用利用OK】
  • ブログでオシャレな画像を探したい!
  • 商用利用できる画像を用意したい!
  • 画像素材を使うときの注意点を知りたい!

こんな疑問を解決する記事を書きました。

本記事の内容
・厳選フリー素材サイト2選
・有料の画像素材サイト3選

・ストレスフリーで画像検索する5つのコツ
・画像素材をブログ使用するときの注意点3つ

ブログを始めてみると、他のブロガーさんのオシャレな画像が気になりますよね。

わたしも「どこできれいな画像を用意しているんだろう」と手探りでした。無料だけでなく有料の画像素材サイトにも手を広げお金で苦労もしました。

今回はそんな私の失敗も含めて、以下をご紹介していきます。

  • ブログのおすすめ画像サイト
  • 「イメージに近い素材」をはやく見つける方法
  • 画像使用のペナルティを避けるための注意点

特に、「画像を使う注意点」だけでも目をとおしてみてください。ペナルティだけでなくページ表示速度の低下にもつながりかねない内容です。

ブログ画像素材サイトおすすめ2選【無料】

まずは、無料のおすすめ画像素材サイト2つをご紹介します。

クリック率に影響する「アイキャッチ画像」や、ブログの雰囲気を決める「イラスト」探しに使えるサイトです。

おすすめフリー画像素材サイト2つ
  1. O-DAN【画像素材】
  2. いらすとや【アイコン】

①:画像素材のオススメはO-DAN(オーダン)

O-DAN(オーダン)

38もの素材サイトを一度に日本語で検索できる利便性が最大の魅力なのが、『O-DAN』

  • 世界中の38サイトから無料写真を検索可能
  • 日本語検索もOK

デフォルトで商用利用可能な画像素材が選定済。安心して利用できます。

素材探しの時短につながるのでおすすめ。当サイトはフリーランスの副業として運営しているためO-DANばかり利用しています。

>> O-DANを無料で使う

②:アイコン素材のオススメは「いらすとや」

いらすとや

普段の生活で目にすることが多いイラストを利用できのが、『いらすとや』。

  • イラストレーター「みふねたかしさん」の書いたかわいいフリー素材が使える
  • 手書き風のイラスト素材が豊富

老若男女でも親しみやすいデザイン。使用例も多いです。「おかしく思われないかな?」と悩むことなく使えます。

>>いらすとやを無料で使う

③:その他のおすすめ画像素材サイト

『違うテイストのイラスト素材』や『利用目的を絞った画像』が欲しいなら、次の7サイトもおすすめです。

  1. FLAT ICON DESIGN:クオリティの高いアイコン素材
  2. unDraw:海外のイラスト素材
  3. Unsplash:オシャレな海外写真が探しやすい
  4. Pixabay:写真やイラストが豊富
  5. Pexels:出典不要の写真素材
  6. ぱたくそ:ユニークな日本人画像
  7. 写真AC:

FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

FLAT ICON DESIGNの特徴

  • クオリティの高いアイコン
  • 「EPS」「JPEG」「illustrator Ai」などの形式でダウンロードできる
  • 画像を加工しやすい

「味わいあるオリジナル画像を作りたい!編集したい。」という人はチェックしてみてください。

>>FLAT ICON DESIGNを無料で使う

unDraw(アンドロー)

unDraw(アンドロー)

unDrawの特徴

  • 海外のイラスト画像
  • イラストの色合いを調節できる
  • 「PNG」「SVG」形式でダウンロード可能

「海外の雰囲気あるイラスト素材」。編集可能な形式でダウンロードできます。

>>unDrawを無料で使う

Unsplash(アンスプラッシュ)

Unsplash(アンスプラッシュ)

Unsplashの特徴

  • 海外のおしゃれなフリー素材
  • ジャンル分けされていて、探しやすい
  • 全ての素材(写真メイン)を無料で利用できる

「オシャレなフリー画像を探している!」なら、役に立つサイトです。

>>Unsplashを無料で使う

Pixabay(ピクサベイ)

Pixabay(ピクサベイ)

Pixabayの特徴

  • 海外のフリー素材サイト
  • 写真の他、イラスト・ベクター画像も豊富
  • 基本的に「著作権の帰属表示」の必要がない

「画像加工したい。商用利用もOKな素材がほしい。」という人に向いたサイト。著作権の帰属表示が必要ないのも嬉しいです。

>>Pixabayを無料で使う

Pexels(ペクセル)

Pexels(ペクセル)

Pexelの特徴

  • 高解像度写真が多い
  • ユーザー登録が不要
  • 写真の加工OK

「加工できる大きな画像を探している」人に役立ちます。高解像度の素材が豊富です。画像も大きいです。

>>Pexelsを無料で使う

ぱくたそ

ぱくたそ

ぱくたその特徴

  • ユニークな日本人画像の種類が豊富
  • さまざまなシーンの人物素材

「個性的なシーンの日本人画像を探している」なら、ぱたくそで探すのも手です。他では見つからない画像が得られます。

>>ぱたくそを無料で使う

写真AC

写真AC

写真ACの特徴

  • ユーザー投稿サイトなので自然体の写真が見つかる
  • 商用利用や改変が可能
  • クレジット表記が不要

自然体の日本らしい素材。日本人画像を見つけることができます。日本人の投稿が多いです。無料会員でも1日5回まで検索可能となっています。

>>写真ACを無料で使う

有料ブログ画像サイトのおすすめ3つ【無料体験あり】

無料サイトでも、十分に品質の高い素材が手に入ります。しかし有料ならもっと質の高い画像素材に出会いやすいです。

フリー画像利用期間のあるおすすめ「有料の素材画像サイト」3つをご紹介します。

【有料】画像素材サイトおすすめ3つ
  • shutterstock:コストパフォーマンスが良い
  • PIXTA:日本人の写真が豊富
  • Adobe Stock:アドビ社の画像サービス

有料サイトだけに、次のメリットがあります。

  • 高品質の画像が手に入る
  • 画像検索のフィルタリングが多くイメージ通りの素材を探しやすい
  • 他のサイトと差別化ができる

①:shutterstock(シャッターストック)

shutterstock(シャッターストック)

無料の画像エディターあり。テキストや彩度変更などの画像編集も可能。コスパに優れたサイトです。

次の特徴があります。

  • Googleなどのグローバルブランドも使用
  • おしゃれで高クオリティ
  • コストパフォーマンスが高い

解約はいつでもできて、月額料金は、

  • 画像10点で6,000円(600円/画像1枚あたり)
  • 画像50点で15,000円(300円/画像1枚あたり)
  • 画像350点で25,000円(71円/画像1枚あたり)

と、契約枚数が多い方が安くなっています。

まずは無料トライアル利用がオススメです。画像10点を、無料ダウンロードできます。

有料サイトと無料サイトの画像の違いを体感できますよ。

>>shutterstockを無料で見る

②:PIXTA(ピクスタ)

PIXTAの特徴

  • 国内の会社が運営しており日本人モデルの写真が豊富
  • 日本らしい風景も多い
  • 著作権に関連するトラブルの損害補償サービスあり

日本人モデルの写真を探しているときにイチオシのサイト

年間更新プランの月額料金は、

  • 画像10点で6,380円(638円/画像1枚あたり)
  • 画像100点で16,500円(165円/画像1枚あたり)
  • 画像350点で24,970円(71円/画像1枚あたり)

となっています。月々更新より年間更新が安いです。

日本っぽい高品質の画像を探している。しかも他と差別化したいなら一押しです。

>>PIXTAを無料で見る

③:Adobe Stock

Adobe Stockの特徴

  • Illustratorで編集できるベクターのデータ(.ai)を利用可能
  • Photoshopなどを提供しているアドビ社の画像サービス
  • 月額・年間プランは余った画像枚数を繰り越し可能

Illustratorを使用する人にとっては、シームレスに作業を行えるのでおすすめです

年間更新プランの月額料金は、次のとおり。

  • 画像3点で3,480円(1,160円/画像1枚あたり)
  • 画像40点で11,880円(297円/画像1枚あたり)
  • 画像350点で24,980円(71円/画像1枚あたり)

1か月の無償体験版が10点あります。初月内は解約料なし。試して損はないですよ。

>>Adobe Stockを無料で見る

ブログ画像をストレスフリーで検索するコツ

ここまで無料と有料のブログ素材サイトをご紹介してきました。実際に画像検索されましたか?

ここからは「なかなか思ったような画像が出てこない!」と悪戦苦闘しながら学んだコツ5つをご紹介します。

サクッとイメージに近い画像素材が見つかると、ブログ運営がスムーズになります。

  1. 絞り込み機能をつかう
  2. 英語を入力して検索する
  3. 検索キーワードを言い換える
  4. キーワードを組み合わせる
  5. ブログ画像の種類で選ぶ

1.画像の絞り込み機能をつかう

「画像の絞り込み機能」を活用しましょう。素材探しの短縮につながります。

「画像フィルタリング機能」は有料版が使いやすいです。しかし無料サイトでもフィルタリング機能はあるので、使わない手はないです。

2.英語を入力して画像検索する

Google翻訳などで英訳してから、英語検索しましょう。

海外のサイトではまだ日本語検索の精度がよくない時があるからです。

Google翻訳は、「機械学習」でどんどん賢くなっているので、スグに的確な英語を知ることができます。

3.画像検索キーワードを言い換える

画像の検索するときは、関連性の高いキーワードに言い換えましょう。

たとえば、「仕事」の素材が必要なときは「パソコン」「オフィス」「プレゼン」などに言い換えると、よりイメージに近い画像を見つけやすいです。

探したい画像を詳細にイメージして、キーワードを書き換えてみましょう。

4.キーワードを組み合わせる

キーワードの組み合わせもおススメのやり方です。

例えば、「仕事」だけで検索するより、

  • 仕事 テレワーク
  • 仕事 Zoom
  • 仕事 PC

など、キーワードを組み合わせると画像を絞りこみやすいです。

5.ブログ画像の用途で選ぶ

以下のブログ画像3つの用途のうち、どの画像を探しているのか、意識するのも大切です。

①:アイキャッチ画像
②:記事内のイメージ画像
③:図表・グラフ・箇条書き

①アイキャッチ画像」は、各記事の冒頭に表示されるイメージ。少々時間が掛かってもこだわって選びます。記事一覧のサムネイルにも表示される画像です。サイトイメージに合う画像をしっかり選択しましょう。

②記事内のイメージ画像」は、「挿絵」の同じようなもの。サクッと決めても大丈夫。ブログ記事が文字だけだと疲れるため、装飾的に使われます。

③図表・グラフ・箇条書き」は、時間的余裕がでてきたら作成するオリジナル画像のこと。初期のサイトでは省いてもOKです。少しづつ読者の理解を助ける図表やグラフを加えていきます。記事の質とオリジナル性があがっていきます。

画像素材をブログ使用するときの注意点3つ

ここまで「画像素材サイト」と「画像検索の仕方」について見てきました。

つぎは、画像を使用する上での注意点です。

ペナルティやページ表示速度の低下を避けることができます。

無料画像素材サイトの注意点
  • 利用規約を遵守して利用する
  • ファイルサイズの大きい画像は圧縮して使用する
  • 可能であれば画像提供者のクレジットを掲載する

①:利用規約を遵守して利用する

1つ目は、利用規約を守ること。

著作権については聞いたことがあるかと思います。イラスト、音楽、映画などの描画・録音・録画されたものに著作権があります。

同じく、写真も著作権を有しています。そこで使い方の確認が大切です。

特に次のようなポイントに注意してみてください。

  • 販売NG
  • 未加工での販売NG
  • 再配布NG
  • 公序良俗に反する写真素材の使用NG
もと船乗り

「ややこしいから自分で撮影した写真を使う」という場合も、気をつけてください。人物が写っていたら肖像権。著作権のある作品が写りこんでいると著作権が関わってきます。自分の写真を使う場合も問題ないか調べておくと安心です。

②:ファイルサイズを軽くして使用する

2つ目は、画像サイズを小さくすること。

フリー素材はファイルサイズが大きいため、そのままブログに貼り付けると表示スピードが遅くなるからですね。

2018年7月よりGoogleアルゴリズムでは「ページ速度」がランキング要素となっているので、検索順位にも影響します。

オンラインの「Tiny.JPG」やフリーの画像圧縮ソフト「縮小専用」などのツールをダウンロードし、ファイルサイズを圧縮することがオススメです。

WordPressを使っているなら、「EWWW Image Optimizer」という画像圧縮のプラグインをつかえばアップロード時に自動で圧縮してくれるので便利ですよ。

③:必要であれば画像提供者のクレジットを掲載する

3つ目は画像提供者のクレジットを表記すること。

フリー素材の中には、著作権付きの写真が含まれている場合があるからですね!

利用規約を一読した上で素材を掲載するようにしましょう。

ブログ画像には「Alt属性」を記載

ここまでは「ブログ画像素材の探し方」と「使用時の注意点」についてでしたが、ブログに貼り付けた後のお話もしておきます。

ブログに貼った画像には「Alt属性」を記載しておきましょう

なぜなら、「どんな内容の画像なのか」を読者(人だけでなく検索エンジンも)に伝えることができるからですね。

ネットが遅い場合は画像の代わりにテキスト情報として表示されたり、読み上げ機能でも使用されるので、読者に親切です。

それだけでなく、検索エンジンに「どんな画像なのか」伝えることもできるため、画像検索に引っかかる可能性がでてきます。

Alt属性に直接的なSEO効果はないといわれますが、上記のように間接的SEOでのアクセスがアップが期待できますよ。

ブログ画像素材でサイトの魅力を高めよう!

本記事では「おすすめ無料・有料素材サイト」「利用上の注意点」「貼った後のAlt属性」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した情報を利用することで、あなたのサイトの顔となる見た目を整えましょう。人間には見栄えがいい方が能力があると勘違いするハロー効果というバイアスがあります(知った時は複雑な気持ちでした)。なので、サイト画像は思ってる以上に大切です。

著作権をはじめとした注意点に気を付けていきましょう。利用規約を読み込むのをお忘れなく。

本記事を画像素材探しの羅針盤(コンパス)のように使ってみてください。





ブログの見た目以上に大切な「ブログ文章の書き方」については、次の記事をご参考になさってみてください。

今回は以上です。